Pink Dot Okinawa 2016

特別協賛

  • JAL & JTA
  • OUT JAPAN

Pink Dot Okinawaは、「LGBTなど性的マイノリティが生きやすい社会を」と願う人たちが、その思いをあらわすためにピンク色のものを身につけて集まるイベントです。

Sponsorship

主催 : ピンクドット沖縄実行委員会

共催 : 那覇市

後援 : ノルウェー王国大使館、在沖米国総領事館、沖縄タイムス社、琉球新報社

Pre-event

プレイベント:上映会&トーク

ジェンダー・マリアージュ
全米を揺るがした同性婚裁判

7月15日(金)18:30-21:00
テンブスホール(那覇市牧志3-2-10-4F)
入場料:1,500円

主催:シアタードーナツ
共催:ピンクドット沖縄
後援:那覇市
特別協賛:ライフネット生命株式会社

同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び禁止されることになった。この「提案8号」を人権侵害であるとして州を提訴したのが二組の同性カップル。クリス&サンディとポール&ジェフ。アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。愛とは、家族とは、人権とは……。彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。

監督・プロデューサー:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト
編集:ケイト・アメンド A.C.E.  音楽:ブレイク・ニーリー
副編集:ヘレン・キーンス 配給:ユナイテッドピープル 宣伝:村井卓実
112分/アメリカ/英語/2013年

2016 Event Guide

前日祭

2016年7月16日(土)開催
時間: 17:00〜19:00
場所: テンブス館前広場

※前日祭は、マスメディアによる会場撮影は禁止

メイン

2016年7月17日(日)開催
時間: 13:00〜17:00
場所: テンブス館前広場

※当日取材を希望される報道関係者の方は、あらかじめ下記までご相談ください。
pinkdotok.vol@gmail.com

About us

Pink Dot Okinawaとは?

Pink Dot Okinawaは、「LGBTなど性的マイノリティが生きやすい社会を」と願う人たちが、その思いをあらわすためにピンク色のものを身につけて集まるイベントです。
Pink Dotは、2009年にシンガポールに始まり、現在では米国等の都市でも開催されています。

ピンクは、平和と愛を象徴する色です。私たちは、人々を包み込み、つないでいく色と考えています。

また、ピンクのシャツを着て、学校でのいじめをなくすことを呼びかける「ピンクシャツ・デー」という国際的な活動もあります。この活動は、男の子がピンクのシャツを着て登校したことをきっかけにいじめられるようになり、そのいじめをなくそうと立ち上がった生徒が、ピンクのTシャツをたくさん配り、それを着て登校することを呼びかけ、その子に対するいじめ無くしたということが発端となっています。

私たちは、このような活動に敬意を表しながら、同じ志を持っている人たちとつながり、沖縄に/沖縄から「LGBTなど性的マイノリティが生きやすい社会を」を広げていきます。

日本中、世界の様々な地域から多くの人たちが沖縄を訪問し、このPink Dot Okinawaに参加いただけることを願っています。

※LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(性同一性障がいなど)の人たちを指す言葉です。

(Pink Dot Okinawa 2014の様子/photo by 木下幸二) (Pink Dot Okinawa 2014の様子/photo by 木下幸二)

About Pink Dot Okinawa

We are going to hold 'Pink Dot Okinawa' in order to show our solidarity with a same will/wish to realize more tolerant and inclusive society for LGBT.

We think the color of pink is a symbol of love, peace and inclusiveness.

LGBT & Allies communities in Singapore started 'Pink Dot' in 2009, and same events has been held in cities in the U.S. or other countries.

The color of pink also reminds us of 'PinkShirtDay' which call for anti-bulling in schools. The day originated from an action by 4 students. They bought and distributed 50 pink shirts after a male student was bullied for wearing a pink shirt on the first day of school.

Having been inspired and moved by these activities, we decided to hold 'Pink Dot Okinawa.' We hope to enlarge more tolerant and inclusive society in / from Okinawa with global LGBT & Allies communities.

Okinawa is one of the most famous tourist areas in Japan and well-known for its mixed atmosphere with Japan and other asian areas. We hope that a great number of LGBT & Allies participants from all over Japan and foreign countries visit Okinawa and gather in 'Pink Dot Okinawa.'

If you have interest in our activities, we accept all forms of payment via GRADi's Paypal account.

關於Pink Dot Okinawa

「Pink Dot Okinawa」是一群人希望能夠創造一個「性少數能夠自在生活的社會」,為了表現自己的意念而穿上粉紅衣服的活動。

「Pink Dot」這個活動是在2009年首次在新加坡舉行,現在也在美國等國家各大都市舉辦。

粉紅色是象徵和平與愛的顏色。我們認為它也是包容眾人,將眾人緊緊相繫的顏色。

此外,也有一個稱為「粉紅襯衫日」的國際性活動,是藉由穿著粉紅色的襯衫提醒大家注意校園霸凌現象。這起源自一個故事:校園中曾有過穿著粉紅襯衫的男孩遭受霸凌,其他的學生為了聲援這個男孩,停止霸凌行為,於是分送了大量的粉紅T恤,讓大家穿著粉紅T恤上學,終於結束了霸凌。

我們為了對這樣的活動致敬,聚集了擁有相同志向的人們,希望能從沖繩出發,並在沖繩開展出一個「性少數能夠自在生活的社會」。

我們希望可以聚集日本本土以及世界各地的朋友,參加「Pink Dot Okinawa」。

Program

7/16(土)Pink Dot Okinawa 前日祭プログラム
(17:00〜19:00)

OKINAWA GAY PARTYの協力をえて、夏の夕暮れを楽しく過ごします!

Performers

  • Any-See
    Any-See
  • ピンクレゲイー
    ピンクレゲイー
  • アブラマミレ
    アブラマミレ
  • グラン
    グラン
  • 丸市ミー子
    丸市ミー子

DJ

  • dEf
    dEf

7/17(日)Pink Dot Okinawa メインプログラム
(13:00〜17:00)

  • 那覇太鼓
    那覇太鼓
  • Dugong Dugon
    Dugong Dugon
  • Any-See
    Any-See
  • 比屋定篤子
    比屋定篤子
  • SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)
    SAKISHIMA meeting
那覇太鼓(エイサー)

1997年結成。那覇市を中心に活動。演舞は沖縄の伝統芸能「エイサー」を基にした創作太鼓で、小学生から社会人までの幅広いメンバー構成で魅せる、勇壮で明るく観客誰もが楽しめる踊りが特徴。2014年第8回創作エイサーコンテスト「グランプリ」を受賞。

Dugong Dugon(アカペラグループ)

ナミヘーをリーダーに集まったそれぞれがソロアーティストとして活躍する全員沖縄出身のスーパーアカペラジャズコーラスグループ。リーダーのナミヘーはフジテレビ・ハモネプのボイスパーカッション・コンテスト「ハモネプ・ボイパリーグ」の第3代チャンピオン、ボイスパーカッションとベースを同時演奏する世界で唯一のプレイヤーであり、リードヴォーカルも担当する驚異のソロパフォーマーです。ソロ歌手を目指して活動してきた、伸びのあるテナーと美しいファルセットを持つショーヘー。ダンス・DJユニットで活動して来たファンキーな動きとパワフルなヴォーカルのユー。ロックバンドで磨いたシャウトが武器のパワフルなヴォーカルで、SEALDs RYUKYUのイベントでのパフォーマンスで琉球新報にも大きく報道されたタークー。この4人によって結成されたスーパーグループです。

Any-See(歌手)

2015年7月に結成。YOH2EY(岡山県出身 36 歳)。GAKU(長崎県出身 49歳)。現在、沖縄県を中心に活動。オリジナル曲を中心に懐かしのカバー曲を織り交ぜながら聴かせるバラードでライブ活動をしています。[今回、HIV啓発プログラム Living Together(進行:nankr)の中で歌っていただきます。]

比屋定篤子(歌手)

幼少の頃から歌うことが大好きで合唱団に6年間所属する。武蔵野美術大学入学後、同大学のサークル「ラテン音楽研究会」に参加。バンド活動を始めボーカルを担当する。在学中、作曲家を目指す小林治郎と出会い、オリジナル曲の共作を始め、東京都内ライブハウスでの活動を開始。1997年、Sony Musicよりデビューし、7枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。2001年に拠点を故郷の沖縄に移す。2004年からこれまでに、Happiness Recordsより4枚のアルバムを発表。沖縄県内外でのライブ活動をマイペースに継続。ライブサポートは、主にChoroClubのギタリスト笹子重治氏。共演歴15年となるデュオでのライブは、各地で好評を得る。

クラウドファンディングによるゲイカップルの挙式

▼自分たちの挙式をおこなうことで、沖縄で同性カップルを目に見える形にしていきたい、あたり前の存在にしていきたい、という思いを持つゲイカップルの挙式をおこないます。日本の地方では、ゲイカップルが、パートナーシップをオープンにし、周りの人に祝われるということは少ないと思います。2014年、ピンクドット沖縄で金城一樹さん&ハロルドチャペットさんの挙式をおこないましたが、それにより勇気を得たという人がたくさんいました。また、県内での同性カップルの認知の拡大に大きく貢献したと思います。今回は、二人とも沖縄出身です。同性カップルも異性カップルと同じように認められる社会に向けて、さらに一歩進める挙式にしたいと思います。

SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)

パーシャクラブ、ソロと様々なスタイルでエモーショナルな唄と三弦を奏でる石垣島・白保出身の新良幸人。デビュー以来、出身地・宮古方言でジャンルを越えた音楽に挑戦するオンリーワンシンガー・下地勇。そんな二人が組んだ先島地方発のユニット。2008年7月に『SAKISHIMA meeting』、2010年には『THE RAINBOW』をリリース。県外でも精力的にライブ活動を展開し、これまでにメキシコ、ジャマイカ、キューバ、香港、台湾等、海外でも公演を行なう。2012年12月にモントリオール国際映画祭で2部門を受賞した映画『カラカラ』のテーマソング『TOME DOME』を発売。2013年7月に初のアルバムにしてベストアルバム『THE BEST』をリリース。昨年2月、NY・ワシントンDC でライブ。NY time紙で絶賛され、同紙WebSiteに『Danny Boy』のPVが掲載されている。10月にスペインでのライブ、12月には同年2度目のNYライブを行なった。

ピンクドットフォーメーション(集合写真撮影)

「LGBTなどの性的マイノリティがより生きやすい社会を」という思いの表現としてピンク色を身につけた参加者が集合し、記念写真を撮影。