体験入店はマスト!体入で自分にピッタリのキャバクラを見つけよう

体験入店はキャバクラで”おためし勤務”すること

キャバクラの体験入店っていうのは、そのお店に所属するキャバ嬢として本格的に働く前に、おためしで1日だけ働くことができるシステムです。
しかも、そのおためし勤務中の時給もちゃんと日払いでもらえるのが嬉しいところ。

あんまり昼の仕事では見ないサービスですよね!
ですが、キャバクラ業界ではこれが当たり前のサービスになりつつあって、多くのお店がそれをするだけのメリットがあると考えているんです。

キャバクラによっては何度でも体入OKな場合もある

体入はあくまでも1日だけの「おためし勤務」で、原則的に体入ができるのは1日だけ。

とは言え、1日そのお店で働いてみただけでお店の内情の全てがわかる、なんてことはありませんよね。笑

ですが、最近だと自分が納得できるまで、何日でも体験入店してOKっていうお店も増えていて、そうしたお店ならとことん自分が納得できてから入ることもできます!

何度でも体入OKなお店では、そのことをお店の求人に明記してくれてますよ。

サイト管理人

体験入店ができるキャバクラの求人サイトを「キャバクラ専門の求人サイトで中州・小倉エリアのキャバクラを探そう」という記事で紹介しています!参考にしてみて下さい!
「」

体験入店後にキャバクラに本入するかは自由

体入をしてそのお店が気に入るか気に入らないかはその人次第。
気に入ったならそのままそのお店に本入店してレギュラーキャバ嬢として働くことができます!

ですが、実際体入をしてみてそのお店が自分に合ってなかったら、本入店せずに断ってもOK。

体入はあくまでおためしなので、そこで合わなければ断ることができるのが、すごく安心できるポイントですよね。

体験入店の1番のメリットは失敗リスクを減らせること

雰囲気が自分に合わなければ断れる体験入店。
その1番のメリットはやっぱりキャバクラで働くことに関する失敗のリスクを減らせることにありますよね!

特にキャバ嬢未経験の人にとっては、キャバ嬢っていう仕事そのものが自分に合ってるかわからない人も多いですし、同じキャバクラでもお店によって雰囲気はかなり違います。

なので、そのお店の雰囲気と自分の見た目や性格とのギャップは少なからず出てくるもの。

それに本入店してから気づくよりも、おためし段階で気づくことができれば、その日の勤務終わりに断ることができるので安心できますよね!

店舗側の一番のメリットは無駄な雇用を減らせること

その上、体入はキャバ嬢側にメリットがあるだけじゃなくて、お店側にもメリットがあるんです。

お店側だって、すぐに辞めてしまうキャバ嬢よりも長く働いてくれるキャバ嬢をたくさん採用したいところ。

本採用してからすぐに辞められるくらいなら、体験入店を挟んでキャバ嬢側にそこで働くかどうか判断してもらう方が無駄な雇用を減らすことができますよね!

キャバクラで体験入店する時の流れ

体入っていうのがキャバクラで働く上ですごく便利なシステムだっていうのがわかってもらえたところで、次は実際に体入です!

  1. 気になるお店の面接に応募する
  2. 面接を受けて仮採用してもらう
  3. 実際に体入する(即日もしくは別日)
  4. その日のお給料をもらって、本入店するか伝える

体入の流れを大まかに説明するとこんな感じ。
軽く体入前に面接したら、ドレスアップしていざ体入しましょう!

「ドレス持ってない!」という人でも大丈夫。
体験入店の時はドレスをレンタルさせてくれる場合が多いです。

ただし、レンタル代がかかる可能性がある上にサイズが合わない・汚れているなどのリスクもある為
自分で用意しておくことをおすすめします◎

個人的には韓国のキャバドレスはデザインも可愛いし、お値段もお手頃なのでいいと思いますよ!

体験入店ではヘルプに徹する

キャバクラでの仕事について軽く説明を受けて、オープンの時間になったら実際にお店で働きます。

体入中は基本的にはヘルプ。
つまり、お店のレギュラーのキャバ嬢のお客さんに退屈させないように、場つなぎ役として接客するのでキャバ嬢としての高度な営業は必要ありません。

もし接客していてわからないことがあっても、近くにいるボーイがしっかりフォローしてくれます!

体験入店で働いた分は全額日払い

そして実際に働き終わったら、体入中に働いた分だけ日払いでお給料をもらうことができます!

体入中の時給についてはあらかじめ求人に明記されてることが多いですね。

高額なバックが発生するようなこともほとんど無いので、ほぼ時給×時間、そこから税金やヘアメイク代が引かれた金額をもらうことになります。

ここで諸々差し引いたその日のお給料全額日払いにせずに、何かと理由をつけてお給料を渡さないお店は、実際に働いてからも搾取される可能性があるので避けた方が良いです。笑

サイト管理人

体験入店をする前にその地域のキャバクラの特徴(時給やキャスト、客層など)を抑えておくとスムーズですよ♥
私が勤務した経験のある「中州」と「小倉」のキャバクラの特徴は記事にしているので、参考にしてみて下さいね!
⇒「【特徴と時給】九州のキャバクラで働くなら福岡『中州・小倉』に決定

キャバクラの体入で注意すること

キャバクラの体入での大まかな流れはこんな感じです。

ただ、体入での態度が不真面目だと、面接に合格しても体入の態度で落とされる可能性もあるので、これらの注意点は必ず守ってください!

遅刻やドタキャン

まず面接に遅刻やドタキャンをしないこと!

キャバクラでは特定のキャバ嬢目当てに来てくれるお客さんもたくさんいるので、遅刻や無断欠席はすごく厳しく見られるんです。

もちろん、働いてお給料をもらう以上社会人として無断で遅刻欠席はしないのが当たり前ですが。笑

プロとしての自覚

それから接客中の態度も、オロオロせずに接客のプロとしての自覚を持って働くことが大切です!

もちろん仕事を完璧にこなすことは未経験からでは無理ですが、最低限笑顔で、お客さんに丁寧な言葉遣いで接することでお店の品位を落とさないよう気をつけましょう。

未経験であることを伝えていれば、ある程度細かい仕事面で至らないところがあってもフォローしてくれますが、真面目に働く意思があるかどうかは厳しく見られてますよ!

体入荒らし

体入荒らしっていうのは、体入でもらえる日給目当てで、本入店する気は一切ないキャバ嬢のこと

お店としては体入荒らしはすごく迷惑な存在なので、体入荒らしだと疑われたら、その情報が他のお店とも共有されて、本気で働きたいと思っても採用されないので注意が必要です!

体入荒らしに認定されないよう、誠実に、本当にそのお店で働いていく意思がある場合のみ体入に応募してくださいね!